池袋「永利」の中国東北料理

 年末は、ちょいと東京に行ってきまして、大学時代に大変お世話になった先輩aさんと一杯飲んできました。

yongli1.jpg
 aさんから「どこがいい?」と尋ねられたので、「東京だったら、大連で食べたような中華料理を出す店があるそうなので、そこに行ってみたいです。池袋の『永利』という店が評判いいようなので、そこにしましょう」とリクエストしました。「中国東北家郷料理」という看板が期待させます。

yongli2.jpg
 まず、冷菜はピータン(380円)にしました。大連で一番印象のある冷菜は豆腐皮関連なのですが、こちらはメニューにはなかったような。

yongli3.jpg
 続いて、地三鮮(890円)です。大連で初めて食べた料理で、こんなに安くてうまい料理があるんだ(安い店だと6元(約80円)高い店でも20元(約250円)くらい)と感動したものですが、日本で食べるとやっぱりけっこうなお値段です(笑)。あちらでは、野菜のみの料理は特に安いので、これは仕方のない事ですが……。味の方は、ほぼ大連で食べたものと同様で、懐かしかったです。

yongli4.jpg
 こちらは孜然羊肉(1050円)です。クミンの効いた焼肉も大連で初めて食べた味で、日本でもこの味を堪能できて嬉しく思いました。あちらのものと比べ若干クミン弱め、唐辛子強めかな、と思いましたが、ほぼまんまです。

yongli5.jpg
 こちらは麻婆豆腐(810円)です。東北式らしく、麻(山椒のひりひり来る辛さ)は控えめでした。四川・重慶系の中華料理店だったら、本格的に麻を効かせて来るんでしょうね。

yongli6.jpg
 最後にデザートとしてマンゴープリン(520円)を食べましたが、東北らしいデザートなのか、と問われるとちと困ります。あっちで〆に食べるような甘味ってあったかな・・・・チョコ粥は全然違いますし(笑)


 2人で料理とビールでほぼ満腹で7,670円、久しぶりに大連らしい料理を堪能できて満足でした。メニューを見ると、牛肉烧土豆(共産主義的煮込み)、酸菜白肉炖粉条(漬け白菜と豚バラと豚血の煮込み)など、押さえたいのは他にもあったのですが、これはまたの機会にしたいと思います。
ike1.jpg
 その日は、池袋の安宿に宿泊しました。駅から近いのに、そんな安いところがあるのかな……と思ったら、ラブホ街の奥でした(笑)

ike2.jpg
風呂トイレは共同、部屋はベッドとテレビ、硬いスチール椅子だけでしたが、1泊3300円という額を考えればまあ十分です。線路の近くでうるさいかなと思ったのですが、しっかり熟睡できました(笑)

コメント

a(仮名)

その節はありがとうございました。載ってる料理はかなり辛かったですが、どれも美味しくて、くらぞーさんに選んでもらって
よかったと思いました。
また、大いに食べて飲んで、語り明かす機会を作りたいものです。

krzo

本場の中華料理
>a様
 おとといはありがとうございました。池袋は他にも中華料理の店がたくさんありましたので、また機会がありましたら、今度は四川系を挑戦してみましょうか? 「水煮魚」というのがうまいのですが、

http://krzo.blog110.fc2.com/blog-entry-1188.html

まともなの出す店、あるかなあ。

a(仮名)

水煮魚はこのブログで読んでから食べてみたいものの一つ。
ぜひお願いします。
非公開コメント

プロフィール

krzo

名前:くらぞー
中国語できない、酒飲めない、小姐と遊べないの3ない人間ながら、大連の工場に2007年6月~2011年1月の間、駐在しておりました。現在は福島県の白河市在住です。

これまでの記事の索引・おすすめ記事まとめ
大連情報お役立ちリンク
ブログの開設理由・ブログ名の由来