餃子をつくる

 今週末は、福島の実家に帰っておりました。両親の体調があまりよくないので、食事は私の手作りです(笑) 日曜の昼には、餃子をつくって食べる事としました。

手作り餃子1
 ベースは白菜です。ここ最近の野菜価格の高騰で、白菜は1/4で158円(税込み170円)、けっこうなお値段です。

手作り餃子2
 これを粗くザクザクと切って、ボールにとります。

手作り餃子3
 これに塩(小さじ2くらい?)をかけると、嵩がだいぶ縮みます。さらに……

手作り餃子4
 10分くらい置いておくと、だいぶ水が出てきます。減塩第一のご時世ですが、塩を使ってもここから水を絞ってやれば、葉のほうに残る塩の量はたいしたことない、みたいな事を大連駐在時代同僚のGさんに言われた記憶があります。ここ最近だと減ナトリウムの塩(「減塩しお」の表記は、やっぱりおかしいんじゃなかろうか……)が容易に買えますし、そちらを使えばさらに問題はなくなりますね。

手作り餃子5
 塩こしょうを入れて練った豚ひき肉に水を絞った白菜をまぜて餃子の餡とします。

手作り餃子6
 皮まで自分でつくれば本格的なのですが、私の場合できあいを使ってます。値段はさておき、味への影響は(餡に比べ)さほどでもない、という判断です。

手作り餃子7
 中国式なら水餃子なのですが、父の好みが焼き餃子なので焼き餃子です。焼き方はありきたりな
フライパンにごま油を敷いて餃子を並べる→強火で1分→100ccの水を入れてフタをする→中火で3分
 ですが、まずこれで問題なく焼けるかと思います。食べると、口の中に豚肉と白菜のうまみが広がり「うーまーいー!」って感じです(笑) また実家に帰った時にはつくりたいですね。

コメント

非公開コメント

プロフィール

krzo

名前:くらぞー
中国語できない、酒飲めない、小姐と遊べないの3ない人間ながら、大連の工場に2007年6月~2011年1月の間、駐在しておりました。現在は福島県の白河市在住です。

これまでの記事の索引・おすすめ記事まとめ
大連情報お役立ちリンク
ブログの開設理由・ブログ名の由来